親が「親バカ」にならないで、誰が「バカ」になってくれるのか

「親バカ」という言葉がある。これはとっても恥ずかしい言葉だと思っていて、自分が親になった時は「親バカ」にはならないでおこう、なんて結構無理をしていた事もあったが、最近になって「親が親バカにならなかったら、誰がこの子のためにバカになってくれるのか」なんて思い始めて、最近堂々と親バカ宣言しはじめている。