Usborneの本を読もう!

うちの子たちがハマって(というか、私が気に入って)いる出版社がある。USBORNE(ユズボーン)だ。

Usborne(英)
http://www.usborne.com/

この出版社はイマドキのものではなくって、どうやら80年~90年代あたりに多く読まれた本らしい。

この出版社の本は、遊び心満載!すぐに気に入って、一気に日本に向けて宣伝したろかと思ったのだけれども、内容がかなり難しい。要するに、こちらの小学生が喜んで読みそうなのだが、とてもじゃないけど、日本の小学生が読めるレベルではない。かといって、中学生なら読めるかというと、よっぽど英語が出来る子でないと、スラスラとは読めないだろうなー、と思う(つまり、語彙力の問題がある)し、スラスラ読める子たちは、結局、言語に興味があるのだから、文学に走るだろう。ということで、日本向けには、市場がなさそうなのだが、それでも紹介したくてたまらない。私は、妹尾河童さんが(小説家としてではなくって、例の「河童の覗いた….」シリーズが)大好きなのだが、そういったテイストがあるのだ。

特にお勧めは、パズルアドベンチャーブックだ。

http://www.usborne.com/puzzle_books/puzzle_adventures/puzzle_adventures.asp

このシリーズは、イラストや文章から謎解きをしていくものなのだが、それが面白くって難しい単語でも必死で読もうという気にさせるものだ。

中身をちらっと見てみたい方はこちら
http://www.usborne.com/sample_pages.asp?Primary=229&PageRange=24-25

この出版社の本は、とても教育的であり(サイエンス系のものも多い)、遊びの要素もあって楽しめると思う。全ての人に勧められるものでもないが、子供向けの英会話教室なんかをやっている人たちは、ちょっと揃えてみても良いのではないかと思う。そのために、安く仕入れるシステムもある様だ。私は、このディスカウントを私的購入にも使えるか(要するにバルクで買うつもりで)という問い合わせをしているのが、返信がない(ということは、使えないのか、やっぱり)。

Usbornebooksathome(ユズボーンの本を自宅で売りませんか?)
http://www.usborne.com/misc_pages/usbah.asp

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on LinkedIn0Share on TumblrTEmail this to someone