SDN日本版登場

このニュースは私にとってはちょっとショッキングなニュースなのであった。




SDN - SAP Developer Network – というのは、SAP関連の開発者のためのコミュニティなのであるが、今まで日本語版がなく、私はいつも英語版をちょくちょく見ていたのだが、メルボルンの友人から、この日本語版のローカライズをやったらどうか、という話が来ていたのだ。ってもちろん、勝手連での話なのだが、要するにSAPのコミュニティは、今まで多言語対応については、すっかり置き去りにしていたのに、ここに来て突然風向きが変わったかの様に(というより当然の流れなんだろうが、なんでこういうタイミングなんだぁーっ!!)、登場したのだ。これから有益なフォーラム、ブログ、ニューズレターなのが、どんどんとローカライズされて行くらしい。でも冷静になってユーザーの立場から考えると嬉しいはずなのだが。どっちにしたって、私はSAPベンダー側に行けるわけではないのだから。

あぁ、もっと情報が欲しい。
Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on LinkedIn0Share on TumblrTEmail this to someone