Compiereに新経営陣!

おさらい。
オープンソースソフトウェアは、中小企業が今までに獲得できなかった機能性を提供するのであります(techworld)。




Techworldニュースからご紹介。

単なるコスト節約という観点だけではなく、オープンソース製品は機能性において充実していると。要するに製品版でのその機能には手が届かなかった中小企業にも、大手に負けない機能が手に入る様になったというわけです。むしろ製品版よりオープンソースに傾倒していく層も。既にオープンソース製品も成熟期に入っているものもあり、ベンダー製品を使わないことによる恐怖が薄れてきているとも。確かに社内にオープンソース製品に対応できる専門家がいるとは限らず(いないことの方が多いでしょー)、そのためにサードパーティによるサポートが提供されている場合も多く、またそれが重要になってきているという話でもあります。
というのは海外の話題です、もちろん。

さて本日付のニュースをもう一つ。Ram Gupta氏がCompiereの経営陣に加わるというニュースが飛び込んできました。彼は2003年、PeoplesoftによるJ.D.Edwardsの買収に関わった人物の模様。(Compiere社の発表Businesswireニュース


情勢が面白くなってきたとはいえ、掲示板ではまだまだユーザーの不満が続いておりますです。
Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on LinkedIn0Share on TumblrTEmail this to someone