bullying in Japan

話のネタが少し途切れたとき、某氏がこう切り出した。
「最近、日本でのいじめ(bullying)の問題についての記事を読んだのだけど」

こちらでもそんな報道がされていたのか。私は一般的な話で留めたいと思いつつも答えた。
「そうですね。小学生、中学生、高校生。最近、いじめが理由の自殺も多く報告されていますね。日本では大きな社会問題になってるんですよ。」

「自殺」というキーワードに反応した中国人女性が話に加わった。

「なんで?勉強のプレッシャー?」
をを流石、教育加熱沸騰中の中国人ママの発想。いえいえ「いじめ」が原因でね。と解説するも、彼女はどうも納得いかない様子。

件の彼は続けた。「その、少しわからないことがあるんだけど。例えば先生や親が、いじめをする子供たちに対して『そういうことはしちゃいけないんだよ』とか、そういうことを言って止めたりしないのですか?」

私の頭の中に色々な状況が思い浮かんだが、思わず
「周りから見えないこともあります。しかし問題なのは、先生の中にいじめを許容したり、場合によっては率先してやったりする人もいるのです。」

「先生が!?」
かなりショッキングな響きだったらしい。

「一部ですよ、一部。全部じゃないですって。」

横で話を聞いていた中国人女性。

「いじめなんて、どこにでもあるわよ。特別なことじゃない。」

話を一般化させたかった私であるが、彼女の台詞で何故かスイッチがかちんと入ってしまった。

「違います。日本のいじめは違うんです。一対一ではなく、例えばクラス全員が一人をいじめたりするのです。学校は子供にとって唯一の社会で、そこで仲間はずれにされてしまったら自分に未来はないと思うんじゃないでしょうか。未来に悲観して、自殺してしまうのかもしれない。彼らには逃げ場がないんです。」

「でも、例えば一対一では勝てないと思ったら、グループになって一人をやっつけるっていうのは、どこにでもあるわよね。」彼女は答えた。

「私の見方なんですが、日本では、目立つ人を批判する文化的、社会的傾向があると思います。いじめの問題には、そういう背景があると思うんです。」

とは言ったが。

家に戻ってからも、本当にそうなのか少し自分でもわからなくなってきた。
本当に逃げ場はないのか?

もちろん、日本でのこの現象は諸外国の状況を鑑みても「特異」であると断言できる。色々な国の人の話を聞いてみたが、犯罪を犯したわけでもないたった一人の人間が、多人数(例えば帰属集団の他のメンバー全て)から一方的に拒否、無視、暴力、恥辱を加えられるというのは、想像しがたい。またまたそれが原因で自殺するのも異常であると。でも私は日本人だから、さもありなんと思うのだ。一億総バッシング、が得意な国民性。今日に始まったことではない。

でも私は一つひっかかることがあるのだ。

それは、ある球技のクラブでのいじめが原因で自殺してしまった女子中学生の女の子に関してなのであるが、報道によると、同じ様にいじめの被害に遭っていた女子生徒が、その数日前に退部していたらしい。

その報道を見て思った。

そうだよな。それが正解だよな。

何の義理も義務もないクラブ。辞めるのが正解だろう。自殺する理由が一つなら、死なない理由は100いやもっとある。逃げたらいいのに逃げ場がないと思い込んでしまうのは何故なのか。

退部した女の子と、自殺してしまった彼女との間で、何が違ったのか。

プライド、かも。

私が思うのは、彼らが自ら死を選んでしまうのは、それが「復讐」だからなのではないかと考えたのだ。いじめた相手を名指ししたメモを残すのは、そのためだろう。

自分を苦しめる相手に、生涯消えない傷を与え、世界中の人に、あいつが悪いのだと訴えたかったのかもしれない。

でも、きっと、その復讐は成就しない。
もちろん、加害者とその親達は、しばらくは苦しむだろう。でも、月日が経てばきっと忘れる。もちろん、何かの拍子に思い出すことはあっても、彼らは将来、自分の思い描く職業を選び、伴侶を得たり、人生を謳歌する瞬間を得るだろう。腹の底からゲラゲラ笑い、本当にどうしようもない奴らであれば、亡くなった人を冒涜するような台詞を、お酒の席で吐くかもしれない。

復讐は、成功しないのだ。

反対に、迷惑をかけたくなかった、悲しませたくなかった、親や兄弟や親戚たちは、本当に一生逃れられない悲しみと後悔と苦しみとを抱き続けてしまう。季節が変われば、年を越す毎に、誕生日が来れば、卒業式、入学式、桜の咲くころになれば、30年経っても、50年経っても、その悲しみは穏やかになるどころか深く更に絶望的になってしまう。

生きていれば、子供を抱っこしているのかしら、もしかしたらあんな職業で活躍していたかも。

もう、誰も死なないで欲しい。

心の底から憎いと思う人のために、大切な時間を、大切な気持ちを、大切な命を捧げる必要などない。自分の命は、自分の心は、大切な人のためにだけ使えばいい。

いじめが自殺につながる日本の「空気」

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on LinkedIn0Share on Tumblr0Email this to someone