OmegaT

英韓翻訳の新規プロジェクトに、OmegaT(オープンソースの翻訳支援ソフト、いわゆるCAT Tool)を使ってみた。




SDL Tradosを持っていないベンダー氏の場合、どうするかということで、悩んでいたのだが(高価なFreelance正式版の購入がためらわれる、というのは理解できる)、こちらでProfessional版にアップグレードして、先方にはSDLX Lite版でやってもらおうか、と考えていたところ、ふと思い立ってオープンソースを調べてみた。

そこで、

OmegaT & OpenOffice Korea (Macro)

という組み合わせに落ち着いた。

現在テスト的に色々見ているが、マクロなどのツールも準備されていたりと結構使えそうである。しかもプラットフォームを選ばないのは大きい。私も現在はOSXでファイルの作成を行っていて、とっても快適である。

恐るべし、オープンソース、である。
Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on LinkedIn0Share on Tumblr0Email this to someone