物事を別の角度から考えてみる

某歌舞伎役者さんの美人奥方にもバッシングが広がっている様で……。

海外に居ると、日本で語られているニュース等の体温を測り知ることはできないのだが、日本語ニュースサイトのタイトルだけ見ても、なかなか酷いバッシングが始まっている様で、気の毒だなと思って見ている。たしかに日頃の言動云々で、同じ事でも評価が分かれるということがあるので、さもありなんな言動が以前にあり、隙ありゃ落としてやれ、と思っている人もいたのかもしれない(知らないけど)。

要するに事件当日に警察へ連絡すべきだったか否かとの点についてだけ言及してみると、私も最初、

あーあ、奥さん、そりゃアウトやろ

と思ってしまった。しかも本人が歩けてたら、救急車も呼ばないで、自分の車で救急病院に連れていくでーっ、と思った。

実はかねてから、この美人姉妹には「….」な感情を持ち続けていて、それはやはり「仕事における深み」の部分において個人的に疑問を抱いていたからである。それはテレビでの彼女達の言動からの印象ではなく(見たことない)、AERAの対談記事を年に数回読むだけの感想なのであるが、突込みどころ満載で、AERAに彼女達起用の意図について聞いてみたいと何度思ったことか。

でも世の中の流れが、一億総バッシングになっているのを見て、天邪鬼な私は擁護側として何か語ることはできないか、と考えてみた。

controversial essay:某殴打事件において、夫人のとった行動について、賛成、反対についての立場を明らかにした上で、論拠を挙げよ。

的なエッセイ出題があったとして、その骨子を考えてみた。

今回の事件における夫人の行動は、悪習からの脱却可能性、再発防止、家庭内での実権の移動の3つの観点において正しいと言える。

第一に、人間としての筋を通すというスタンスを貫くことで、特殊な業界にしか通用しな悪習を絶ち切ることができる可能性があるという点が挙げられる。家族が何者かに暴行を加えられただけではなく、荷物も持たずに帰宅したという状況であれば、いずれにしろ被害届や紛失届などを出す必要があり、現場の状況を少しでも正しく把握するためには、状況が大きく動かさない状態で通報するのが鉄則であり(例えば、交通事故の場合など)、この場合、その常識に則っただけであり、何ら避難される必要のない行動であると言える。それが、たとえその業界においては不適切な対応であったというのであれば、それはダブルスタンダードということになり、却ってその業界の特殊性にスポットライトが当たってしまうだけである。因って、図らずとも特殊業界の悪習やダブルスタンダートについて再考する余地を業界内外に与えたという点で、夫人の行動は肯定に値するものであると言える。

第二に、再発防止の観点においても、適切な行動であったと言える。つまり、今回この事件を公にしなかった場合、将来、同じ様な事件を起こす可能性が残されてしまうと考える。夫や親族側は、秘密裏に事を収めた夫人について高い評価を与え、その家族内での立場は良くなったかもしれないが、反対に夫は、いつでも事態をキレイに収拾してもらえると考えるようになったかもしれない。要するに、ほとぼりが覚めた頃には同じ事をやりかねないという危険性が残されたままであるということだ。夫人がここまで読んで、自分が家族や世間からバッシングされるかもしれないけれど、夫を立て直すには荒治療が必要だと背水の陣でもって通報したのであれば、アッパレとしか言いようがない行動であると言える。

第三に、夫婦間の力関係における実権の掌握が多少なりとも可能になるという点が挙げられる。年齢的にも社会的立場等の背景を見ても、家庭内での実権は圧倒的に夫側にあった様な印象があるが、何かあった時には爆弾を打ち込むことさえ可能であるということを夫側に示したことで、家庭内の力関係が大きく変わったのではないかと考える。要するに多少なりとも、一般の社会人としての経験のある夫人側が舵を握ることで、特殊業界でしか生きたことのない夫側の世間とのギャップを埋めることができるのではないかという希望を世間に示すことができる。

以上の観点において、夫人のとった行動は、的確な対応であったとしか言えず、更に今までの誰もが成し得なかった旧態依然とした歌舞伎界の悪習に対する抜本的な改革の一歩にも成り得るという点で、将来的には、業界のジャンヌ・ダルクとして崇められる可能性さえ秘めている。

っちゅうことで。

この通り、論述試験などの対策では、どんな題材でもどんな観点でも文章組み立ててやるでー、みたいな日々の訓練が大事かと(笑)。

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0Share on LinkedIn0Share on TumblrTEmail this to someone