Tiny ERP

またもやオープンソースERPの新しい話題。タイニーと言うだけあって、インストールファイルが異常なまでに小さいのだが、Windows かLinux上で稼動するクライアントサーバー、マルチユーザーのERPアプリケーションである(Tiny sprl, 2005a)。

2005年、今いちばんホットなこの話題から

やっぱりオープンソースでしょー。ということで、ERPSノートを標榜しているこのブログでは、この話題を抜きにしては語れまいっ。ガートナージャパンのサイトにはまだアップされていない5月12日付けのリポートで、ガートナーは以下の様な大胆予想をしている。

Compiere 日本語版

がこの世に存在するらしい。オープンソースのERPシステムなのだが、日本ではほとんど無シ、と思うのだが、なかなか良さそうなソフトなのである。なんといってもSAPを作ったドイツが生んだ会社。品質に期待が持てる。(ちなみに某氏曰く、ドイツで作られた時代のSAPのクオリティはすごい、要するに本当にバグフリーだったのだが、近年開発を某国に移してから....)。