Identity – II

台湾系米国人の彼女の言葉を忘れるほどには時間が経っていない頃、私が知っているだけで7種類の言葉を操る人と話をする機会があった。少なくとも、私は彼女の話せる言葉のうちの3ケ国語を、仕事上の電話で使っているのを横で聞いたことがある。少なくともその言語はビジネスレベルにあると言っていいだろう。

Identity – I(自我同一性)

Needs(必要)の裏には「喪失」という概念が隠れている。 「無い」から必要だと思うのであって、既に自分自身の中にあるものであれば、あえてそれに「気づく」必要もないのかもしれない。
,

香港の大学生の男女比

古い資料で恐縮なのだが、OECDの2000年度の報告によると、 「日本の25~34歳の男性の大学卒業資格所持率は33%で、OECD諸国の中で最も高い。一方、25~34歳の女性ではその比率はわずか14%で、OECD平均を大きく下回っている」 というのが日本の現実である。

今月のプロジェクトにBIソフト

SourceForgeの最新「今月のプロジェクト(Project of the Month)」は、ビジネスインテリジェンスソフトウェアでございました。 ということで、過去の「今月のプロジェクト」なんかを見てみると壮観ですなーっ! Project of the Month